平和食品工業 当社の情熱
バー
会社案内

自然
基本的な考え方 
平和食品工業は「食」のメニュープランナーとして、豊かな食生活を提案し続けるとともに、お客様に安心してご使用頂きますよう、常に安全性を第一に考え、原材料の厳しいチェックとISO22000の高度な品質・衛生管理手法を導入し、安全性の確保を徹底致しております。
3Q「Quality(品質)」・「Quest(美味の追究)」・「Quick(敏速)」…これが平和食品工業のモットーです。
品質管理について
当社では、モットーである3Qをより高いレベルで実現し、また、お客様に認めて頂くため、国際規格ISO22000をベースとした管理体制の整備拡充を進めて参りました。
その結果、2008年8月に本社、および坂戸工場でISO22000の認証を取得することができました。今後もこの管理体制のもと、法令や条例、公正なルールや社会規範の遵守・トレーサビリティシステム・5S運動等の更なる強化を図り、お客様に安全・安心な商品を提供して参ります。
原材料の安全性
輸入、国産品に関わらず原材料につきましては、各原材料メーカーより安全性が確保されているものを購入し使用しております。特に新規原料につきましては、原材料メーカーより残留農薬、アレルギー物質、食品添加物の使用など自社の規格書に適合したものを購入し、安全性の確認の取れたものを使用しております。
残留農薬への対応
輸入、国産品に関わらず弊社で購入している原材料につきましては、必要に応じて残留農薬等の分析を行ない、原材料メーカーから使用農薬等の情報を収集し、安全の確認を取るよう努めております。また農薬等のポジティブリスト制度に適合した問題のない原材料であることを確認して使用しております。
食品添加物の使用について 
食品衛生法に基づき使用が認められているもののみを使用しており、安全性の確認された食品添加物を使用しております。
アレルギーへの対応 
法律で表示が義務付けられている特定原材料(卵、小麦、乳、そば、落花生、えび、かに:7品目)は勿論、特定原材料に準ずる20品目に関しましても、含まれている場合には原材料名表示欄にその旨を記載しております。
認証証書
ISO認証証書
※画像をクリックすると、拡大表示されます。
適用規格 ISO22000:2005
登録番号  FSMS517567 
初回認証登録日 2008年8月6日 
最新発行日 2014年7月23日 
有効期限日 2017年8月5日


HOME ごあいさつ 沿革と現況 会社の特徴 経営理念と行動方針
行動規範と行動基準 安全・安心への取組 業務案内 所在・地図